医療脱毛のメリット・デメリット

メリット1 永久脱毛が安全にできる

レーザー脱毛は永続的な減耗が可能で安全です。

医療行為として定められていますので、医療機関でしか使用できない出力の高い最新鋭の脱毛器によって、毛を再毛させる幹細胞を破壊することができますし、専門知識と技術力の高いドクターが施術するからです。

メリット2 施術回数が少なく・期間が短い

スピーディな脱毛で施術回数が少なく、また完了する期間が短いです。

ニードル脱毛のように一本一本脱毛するのではありませんし、一度に広い脱毛部分へレーザー照射を行うことができるためです。

メリット3 痛みが少なく、肌質を改善できる

痛みは強い機器もありますが、痛みが少ない最新の脱毛器がありますし、痛みが苦手な方でも、医療機関に限って使用することが可能な麻酔を使って痛みを抑えることができます。

レーザー脱毛は施術回数が少ないので肌への負担が少なく、メラニン色素を吸収するという特徴を持つレーザー脱毛は、肌のくすみや黒ずみを改善し、新陳代謝もアップさせる効果があるからです。

デメリット1 費用が高い

デメリットは費用が高い事です。

永続的な減耗効果を得られる分、費用も高くなります。

また、レーザー脱毛は医療行為ですが保険を適用することができないからです。

デメリット2 脱毛できないことがある

脱毛ができない肌や毛質があります。

メラニン色素に対して脱毛がされるため、日焼けをしている肌は脱毛できない場合もあります。

そして、シミ、アザ、ホクロがあると火傷の危険性があるからです。

また、白髪や色素の薄い毛、産毛のような細い毛に対しても脱毛効果を発揮しにくいからです。

デメリット3 してはいけない自己処理がある

脱毛期間中には、毛抜きやワックステープなどの自己処理法はしてはいけません。

なぜなら、毛の生えるサイクルに合わせて施術をしていますので、毛を抜いてしまうことでレーザーが反応しないため、しっかりと脱毛を完了することができずに再毛の原因となるからです。